釣りに行ったとき

のどぐろといえば煮付けにすると抜群!という魚です。
私が初めてのどぐろを食べたのは中学生の頃でした。
父は釣りがとにかく大好きで、毎週のように休みになると釣りにでかけていました。

そんな父ですが、釣れなかった時には仕方なく魚屋さんに寄って魚を買ってきていたのですが、もちろん釣ったと言い張っていました。
そんな時、父がいつもとは違い遠方まで釣りに行った日があり、釣りに行く前日にはたくさん釣ってくる!と張り切っていました。

張り切っていただけに、その日釣れなかったのがよほど悔しかったのか、それとも恥ずかしかったのかはわかりませんが、もちろん魚を買ってきました。
それがのどぐろだったんです。

張り切って出かけただけに、奮発したのだと思いますが、のどぐろはそう簡単に釣れるものではありません。
普通の釣りでのどぐろを釣るなんて滅多にないと思いますが、今となってみればのどぐろが簡単に釣れるわけではないので、子供相手にだけ通用する父の偽装工作だったんだと思います。